こどものためのアロマテラピー【その1】
コネクター
2ページめ
1ページめ
パネルコネクター
3ページめ
スクロールアップ
スクロール
スクロールダウン
スクロールアップ
スクロール
スクロールダウン
1. 植物と人間

朝ごはん、ちゃんと食べた?
朝ごはん、ちゃんと食べた?子どももおとなも、一日元気にくらすためには、生きていくためには食物を食べなくてはいけない。 さて、けさの朝ごはんはなんだったかな。パン、目玉やきにソーセージとトマト、それから牛乳。これらの食物は何からできているだろうか。
パンはコムギの粉、目玉やきはニワトリがうんだたまご
パンはコムギの粉、目玉やきはニワトリがうんだたまご、ソーセージはブタの肉、トマトはトマトの実、牛乳はウシのお乳。

コムギとトマトは植物。たまごとブタ肉と牛乳は動物。そう、人間はほかの生き物を、つまり動物や植物を食べて生きている。生き物を食べなければ、自分の体をつくることもできないし、働くためのエネルギーもつくりだせない。人間だけじゃない。どんな動物も、ほかの生き物を食べて生きている。

でも植物はちがう
でも植物はちがう。空気中の炭酸ガスと、水と、太陽のエネルギーから自分の体をつくってしまう。地球上の生き物で、ほかの生物を食べずに生きていけるのは植物だけ。

人間は植物がいなければ生きていけない。人間が食料にしているニワトリやブタやウシだって、もとをたどれば植物を食べて生きているんだから。

食べ物だけじゃない。人間は空気中に酸素がなかったら死んじゃうけど、その酸素も植物がつくっている。植物は自分の体をつくるのに、炭酸ガスをすって、酸素をはき出しているんだ。
おおむかし、地球上の空気は
おおむかし、地球上の空気は炭酸ガスだらけだった。それをせっせと酸素にかえたのは、今の植物の祖先。酸素ができたので、酸素で呼吸する生き物がうまれた。恐竜や、鳥や、ほにゅうるいが地球上であらわれるのは、もっともっとあとのこと。

人間は、誕生したときからずっと植物とくらしてきた。植物のつくった酸素をすって、植物を食べ、それから着るものや住まいにも植物をつかった。

今のような医学が発達するまえは、薬も植物にたよっていた。けがをしたときのぬり薬、病気になったときののみ薬、たくさんある植物のなかから、どうやって見つけたのだろうか。

今は、よくきく薬が沢山あるから、薬がわりに植物をつかうひつようはない。でも、長いこと人間が薬としてつきあってきた植物には、なかなかおもしろいものがある。
病気というほどじゃない、なんか気分がよくない、なんていうときに、もしかすると役にたつかもしれない。どこもわるいところなんかなくても、すてきなにおいにうっとりして気分のよくなる植物もあるしね。
おわり

次回へつづく。「その2」をおたのしみに!