FORUM39号 ケアのなかでのアロマテラピー F・O・R・U・M 39
Aromatherapie in der Pflege
ケアのなかでのアロマテラピー
 
老人ホームや訪問介護で、また病棟でも精油や植物オイルを使用する機会が増えています。アロマケアの導入を手がけ、効き目の大きい自然からの助っ人を利用するよう医師や患者を説得しているのはたいていケアスタッフ(看護師や高齢者介護士など)です。
私たちはこの状況をうれしく思い、こういうスタッフをさらにサポートするために、今回「ケアのなかでのアロマテラピー」をタイトルテーマに選びました。(社説より)
2013年7月発行
目 次
ケアのなかでの
アロマテラピー
どこまでも鼻に導かれて、病棟でのアロマケア導入
動脈血行障害用のフットローションの開発と製造
高齢者介護における精油
かゆみと神経痛用のフェイスオイル
依存症と依存症の記憶から
アロマテラピー 問題病原菌MRSA
東アジアのマッサージテクニック
動物のアロマテラピー 馬の鞍ずれの治療
アロマサイエンス クマリン − トンカビーンズの白い結晶
植物オイル セサミオイル − 数千年来の人気
アロマカルチャー アクネ − 自然化粧品の視点で考える
アロマクッキングより:精油を使った味覚の楽しみ
価格: ¥2,160(内税) | ドイツ語和訳全44ページ | モノクロ | A4サイズ