FORUM42号 子どもと精油 F・O・R・U・M 42
Kinder und atherische Ole
子どもと精油
 
子どものための精油・・・ このテーマを私たちはずっと前からより詳しく、しっかり調べたいと考えていました。その理由はこれについては未だ多くの問題が未解決であるからです。
すなわち子どもには精油は一般的に避けるべきだろうか?(もちろんそんなことはありません!)
どの精油が子どもに適し、どの精油が不適なのか?
用量をきめる際に、なにに留意すべきなのか?
子どもにアロマテラピーを使うためのこれらの問いと他の多くの問いに、この号でお答えしたいと思います。
また、子どもがいかに香りによって誘導されやすいかを知ることができ、そしてさまざまなトラブル、単純な風邪から害虫の防除にいたるまでの治療の実践に役立つ数多くのヒントがえられます。(社説より)
2014年12月発行
目 次
子どもと精油 子ども時代からのアロマテラピー
子どもへの精油の適用
幼稚園での香りのワークショップ
子どもの鼻は療法的に正しい選択をする
アロマテラピー 放射線療法におけるラベンダーとニアウリ
アロマケア ケアの日常に精油をプロとして投入する
アロマサイエンス グレープフルーツの成分と相互作用をおよぼす薬剤
植物油 マンゴーバター
アロマカルチャー 嗅覚障害にもかかわらず香りのコミュニケーションが!
アロマクッキングから、フローラルウォーター
会議報告 第44 回精油に関する国際シンポジウム(ISEO)
オリジナルIS ブレンド25 周年 記念会議
トレーニング プリマヴェーラ・アカデミー
価格: ¥2,160(内税) | ドイツ語和訳全44ページ | モノクロ | A4サイズ