FORUM45号 鎮静のための精油 F・O・R・U・M 45
Atherische Ole zur Beruhigung
鎮静のための精油
 
多くの精油に鎮静作用があることはよく知られています。子どもたちのストレス軽減や、シニア世代へはスキンケア作用と鎮静作用をうまく組み合わせることができます。
しかしこの鎮静作用はとうに科学研究で証明されているにもかかわらず、いまだに過小評価されています。たとえばラベンダーの大脳辺縁系にある神経細胞のレセプター(受容器)にたいする作用機序は実証されています。そのことを要約した新しい科学研究を紹介します。
精油、とくにティートリー精油は非常に優れた殺菌作用を示します。この作用がクリニックで、感染した傷の治療に用いられて非常に成功していることを、私たちはちょっとしたセンセーションとして受け止めています。将来はより多くの医師がアロマテラピーを利用することを希望し、期待しています。
ちなみにあなたのペットである猫にはティートリーはお勧めしません。猫は人間や他の動物のようにこれに含まれているテルペンを代謝できないからです。(社説より)
2016年7月発行
目 次
鎮静のための精油 ハンドマッサージのための抗憤激オイル
ジャスミンは生きる喜びと新たな生きる勇気をあたえる
子どもの魂が腹痛で訴えるとき、香りがどのように役に立つか
ラベンダー精油が大脳辺縁系のなかのセロトニン-1A- 受容器の結合能力を変化させる
アロマサイエンス 精油で傷の管理
動物とアロマテラピー ティートリー精油 − 猫にとって危険か!?
栽培と製造 南チロルの針葉樹精油 ヨーロッパでの蒸留
アロマカルチャー 香りでできた壁
香りの瞑想 − ナルデ
アロマクッキングから、フラワーマジックを味わうバーベキューシーズン
書評 『アロマテラピーの学習カード:精油』
会議報告 ファルファラの30 周年記念会議、生きたアロマテラピー
価格: ¥2,160(内税) | ドイツ語和訳全36ページ | モノクロ | A4サイズ